過去のサイトはこちら


■Q & A


●ソフトウェア部門のワークについて。(6月13日)

ロボットに搭載した超音波センサで検知した際、センサ出力が不安定になる現象が確認されたため、ワークの変更をしました。詳細は、こちらをご覧ください



●ハードウェア部門の”持ちあげ部”について。(8月28日)

3−1 予選ロボットの"持ちあげ部"とは、具体的にどの部位までを指しますか?(アームのみ、アームの固定部品も含む、など)例として、ソフトウェア部門のロボットの場合は、どの部品までが"持ちあげ部"に該当しますでしょうか?こちらをご覧ください



●ソフトウェア部門について。(8月28日)

Q1 4−1予選・決勝共通規則(5)Bの誤進入は、ロボットまたはワークの一部が相手のコースにはみ出した場合でも適用されますか?

A1 ロボットまたはワークの一部が相手のコース(白床)に進入した場合には、誤進入となり失格です。また、ワークを倒したり、倒したワークが転がって、その一部が相手のコースに進入した場合も誤進入で失格です。境界(青床)上への進入は誤進入ではありませんが、対戦相手のロボットや搬送されたワークとの接近、接触に留意してください。対戦相手のロボットとの接触があった場合でも競技は継続します。

Q2 境界(青床)上の対戦相手のワークを自分のコースに運び込めば、対戦相手のワークが誤進入したことになり、対戦相手が失格になるのですか?

A2 誤進入の行為者ではない対戦相手を失格にすることはできませんが、競技時間終了時点におけるワークの位置と状態でポイントを付与しますので、対戦相手のポイントが減る可能性があります。

Q3 境界(青床)に搬送したワークと対戦相手のロボットが接触し、ワークが転倒した場合のポイントはどうなりますか?

A3 搬送が完了したワークに対戦相手のロボットやワークが接触して状態が変化しても競技は継続し、競技時間終了時点におけるワークの位置と状態でポイントを付与します。転倒したワーク全体が境界(青床)上に収まっていれば+1ポイント、ワークの一部が自分のコース(白床)または相手のコースにはみ出した場合、―2ポイントです。

Q4 4−2(8)と4−3(9)の「ロボットの一部が競技場外に出た」状態とは?

A4 競技場全体は、外周(黒床)部も含め、厚さ約12mmのランバー材の上に敷設されます。従って競技場と競技場外には15mm〜17mm程度の段差が生じます。競技時間終了時点で、ロボットの車輪やボールキャスタがこの段差から落ちている場合に「競技場外に出た」状態(−3ポイント)と判断します。


質問、わからないことはこちらへ


▲ページトップへ戻る

   
  
  Copyright (C) 2017 一般社団法人全国専門学校情報教育協会. All Rights Reserved.