INVITE on WEB
会員専門学校資料請求 サイトマップ お問合せ

AND OR
TOPICS/HOME
ニュース
教員研修会・セミナー
既刊報告書のご案内
各種調査集計結果
専門学校ロボット競技会
ビジネスプロデュースコンペティション
情報協会加盟校
賛助会員
委員会名簿
役員名簿
加盟校特典
会員校イベント情報
関連リンク集
事務局ご案内図
情報教育協会について
入会申込書類
情報協会定款
財務状況


INVITEバナー
当サイトへのリンクは上のバナーをお使い下さい。その際、リンクは必ずトップページにお願いいたします。


HOME > ニュース > 2008> 『外国人留学生の就職実績向上セミナー』



全国専門学校情報教育協会 平成20年度教員研修会

『これからの専門学校を考える研修会(全3回)』
 
 

 本年度下半期の研修として、本会常任理事で、元・東京工科専門学校校長の芦田宏直氏を講師に迎え、「これからの専門学校を考える研修会」を全3回シリーズにて企画致しました。

 大学全入時代は、専門学校教育の特長や特色がどこにあるのかを我々に問いかけています。「資格教育なのか?」「実習教育なのか?」「職業教育なのか?」「就職指導なのか?」「生活指導・人間性教育なのか?」問いは尽きません。厄介なことは、今、大学の「教育改革」と言われるものが、従来専門学校の領分とされてきたこれらの様々な特長や特色を、なぞるようにして進みつつあるということです。いわゆる、大学の専門学校化が加速しているということです。

 今回の研修シリーズは、大学の新設置基準においてさえ、「ファカルティデベロップメント(FD:いわば教員教育)」が義務付けられつつある今、「専門学校の自己改革はどうあるべきなのか?」という問いに対し、その諸課題と解決の道筋を全面的に展開して行きます。

 学校経営者の皆様、そして、募集・教育・就職など各セクションの管理者の方々におかれましては、大変お忙しい時期かと存じますが、万障お繰り合わせの上ご参加くださいますよう、ご検討よろしくお願い申し上げます。


■研修会実施内容

日 程
(全3回)
第一部 「専門学校教育の諸課題および問題点」
 平成20年11月19日(水)13:00〜21:00 20日(木)9:00〜12:00(2日間)

第二部 「専門学校の教育評価はどうあるべきか」
 平成20年12月17日(水)13:00〜22:00 18日(木)9:00〜13:00(2日間)

第三部 「募集と一条校化問題 専門学校の生き残り戦略」
 平成21年 1 月21日(水)13:00〜22:00 22日(木)9:00〜13:00(2日間)

「グループディスカッション」 と 「まとめ」の時間を充実させるため、第二部、
  第三部の時間を、初日、2日目とも1時間ずつ延長致します。
  ※ 各回とも、 初日は昼食を済ませてからお越しください。

会 場

東京・高田馬場/日本児童教育専門学校 本館6階 A61教室
 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-32-15  TEL 03-3207-5311

JR山手線・東京メトロ東西線・西武新宿線「高田馬場駅」下車、徒歩3分

高田馬場までの所用時間
  新 宿 〜 高田馬場 約5分
  東 京 〜 高田馬場 約20〜25分
  品 川 〜 高田馬場 約25分
  上 野 〜 高田馬場 約20分

  →羽田空港より京急線〜品川でJRに乗り換え〜山手線で 約50分


対象者
専門学校理事長、学校長、教育管理者、就職管理者、募集管理者 など
  ※ 但し、専門学校として認可されている学校関係者

目 標
以下の課題や問題を解決することを目標としたレクチャー、グループディスカッション、ブレーンストーミングなどを行います(詳細はスケジュール参照)。
結果として、今後の学校経営改革・改善のヒントとなる情報を持ち帰っていただきます。

 ・学校のコンテンツ作りの基本である、教育目標形成に関する諸課題について
 ・専門学校の資格主義と実習主義をどう考えるか
 ・カリキュラム開発の諸課題
 ・専門学校の教育評価はどうあるべきか
 ・募集に繋がる教育改革はどうあるべきか
 ・大学全入時代における専門学校の生き残り戦略
 ・その他今後の専門学校のヴィジョン

参考資料
ご参加にあたり、資料として以下の4つの記事(芦田宏直氏のブログ)を、できる限りお読みいただいてからご参加くださるよう、よろしくお願いいたします。

資料1  http://www.ashida.info/blog/2008/10/1.html

資料2  http://www.ashida.info/blog/2008/10/2_1.html

資料3  http://www.ashida.info/blog/2008/11/3_2.html

資料4  http://www.ashida.info/blog/2008/11/post_305.html


定 員 第一部、第二部、第三部、それぞれ30名
(定員となりしだい、締め切らせていただきます。)
  ※ 最小催行人数はそれぞれ10名とさせていただきます。
第一部、第二部、第三部の全日程に申し込まれる方が優先となります。

受講料
(税込み)

会  員 75,000円 (3回分)
未会員 130,000円 ( 〃 )

※ 第一部、第二部、第三部を事前に一括申し込みされた場合の3回分の価格です。

 各回を単独で申し込まれる場合は、1回あたり以下の価格となります。
  会  員 28,000円 
  未会員 48,000円
但し、第一部、第二部、第三部の全日程に申し込まれる方が優先となります。

 →本会加盟の有無はこちらでご確認ください。

  一旦お支払いいただいた受講料は原則として返金いたしません。
     欠席された場合は当日の資料をご送付申し上げます。
     代理の方にご参加いただいても結構です。
※ 受講料には、1日目の夕食代が含まれています。
※ 宿泊は各自でご手配ください。
  なお、各日程とも1日目の夕食としてお弁当をご用意します(受講料に含む)。
  それ以外のお食事等は自己負担となります。
※ お申し込みいただいた方には、後日受講票と請求書をお送りします。
  開催日の1週間前までに届かない場合は事務局までお問い合わせください。
お支払いは『請求書』到着後、指定されている期日までにお願いいたします。

申込方法 参加申込書に必要事項をご記入の上、事務局(03-5332-5083)まで
FAXまたはメール添付にてお申し込みください。

  →申込書ダウンロード  【ワード】  【PDF】
※ 申込書到着後受付確認メールをお送りしますので、メールアドレスを正確にご記入ください。
  申込後1週間以上連絡がない場合は事務局までご連絡ください。→03-5332-5081

締切日 11月12日(水)
※ 定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにお申し込みください。

講師

芦田 宏直(あしだ ひろなお) 氏

1954年8月12日 京都府生まれ

早稲田大学大学院後期博士課程修了(哲学、現代思想専攻)後、法政大学講師(倫理学)、立正大学講師(哲学)、京都短期大学講師(社会学)、東京立正女子 短期大学(哲学・ドイツ語)、学校法人小山学園・テラハウスキャリア開発研究所所長を経て、学校法人小山学園理事・東京工科専門学校校長(2002〜2008年)。

インターネット教育協議会理事(2000〜2004年)、全国専門学校情報教育協会常任理事(2007年〜)、2000年度 労働省「IT化に対応した職業能力開発研究会」委員、2003年度 経済産業省「産業界から見た大学の人材育成評価に関する調査研究」委員、2004〜2007年度 文科省「特色ある大学教育支援プログラム」審査部会委員、2008年度 文科省「質の高い大学教育推進プログラム」審査部会委員などを歴任。

大学教育、専門学校教育双方の弱み強みを踏まえたFD(Faculty Development)が専門分野。その他、社会人カリキュラム開発にも強い。
「自己点検・評価」「授業評価」に関わる講演・論文多数。著作に『書物の時 間』(行路社 1988)、翻訳『還元と贈与』(行路社 1994)などがある。

詳しくはBLOG『芦田の毎日』(http://www.ashida.info/blog/)を参照。

■研修内容 (タイトルをクリックすると詳細内容の別窓が開きます)
●第一部 「専門学校教育の諸課題および問題点」
  平成20年11月19日(水)13:00 〜 20日(木)12:00
1)教育目標を何に定義するのか
 学校のコンテンツ作りの基本は、教育目標形成。教育目標形成にはどんな諸課題があるのかを考える。
2)専門学校の資格主義と実習主義をどう考えるか
 「資格の専門学校」「実習の専門学校」という社会認知がマーケットにも専門学校関係者の中にも一般化しているが、これからの専門学校(特に大学全入時代のこれから)を考えるに当たって、資格主義、実習主義はどんな弊害を有しているのかを考える。
●第二部 「専門学校の教育評価はどうあるべきか」
  平成20年12月17日(水)13:00 〜 18日(木)13:00
「教育評価」と一口に言っても色々なものがある。
第二部では「点検評価」「授業評価」「学生アンケート」「試験評価」「就職評価」「教員評価」の6点に絞って、「教育評価」の多面的な局面を考える。
●第三部「募集と一条校化問題 専門学校の生き残り戦略」
  平成21年1月21日(水)13:00 〜 22日(木)13:00
第三部では、募集と一条校化問題という〈外部〉から見た専門学校の情況を考える。
前編で募集、後半で一条校化問題を扱う。
全体が第一部、第二部の総括にもなっている。
※ 受講者のリクエストにより、内容が一部変更される場合があります。

■各日程のタイムスケジュール (3研修とも共通のアウトラインとなります)
【1日目】 ※昼食を済ませてからお越しください。
〜13:00 受付 (受付開始 12:30)
13:00〜
 18:00
講演(芦田 宏直 氏)
18:00〜
 19:00
(夕食 お弁当をご用意します)
19:00〜
 22:00
グループディスカッション
22:00 
1日目終了
【2日目】 ※朝食を済ませてからお越しください。
9:00 
集合 (開場 8:45)
9:00〜
 13:00

まとめ(芦田氏のレクチャー+質疑応答)
 前日のグループディスカッションの内容を含め、総まとめを行います。

13:00 
2日目終了、解散
※ 時間は予定です。質疑応答やディスカッションの進み具合で調整させていただきます。
※ 2日目の終了時刻の延長は行いません。

※ 休憩は適宜とっていきます。

※ 郵送でご案内した印刷パンフレット掲載スケジュールの一部に誤りがありました。
  2日目の時間は上記の通り 9:00〜12:00 となります。大変申し訳ございません。
  お詫びして訂正させていただきます。

※ 「ディスカッション」と「まとめ」の時間を充実させるため、第二部、第三部の時間を
  初日、2日目とも1時間ずつ延長致しますのでご承知おきください。


■ お申し込み ■
申込方法 こちらの参加申込書に必要事項をご記入の上、事務局までFAXまたはメール添付にてお申し込みください。

  →申込書ダウンロード   【ワード】   【PDF】


送付先
全国専門学校情報教育協会事務局
FAX
03-5332-5083
郵送先
〒164-0003 中野区東中野1-57-8 辻沢ビル3F
メール宛先
こちらのフォームより送信してください
お問合せ先
03-5332-5081
※ 申込書到着後受付確認メールをお送りしますので、メールアドレスを正確にご記入ください。
  申込後1週間以上連絡がない場合は事務局までご連絡ください。→03-5332-5081

↑このページのTopに戻る

他の研修・セミナーはこちら


 

Copyright(C)1998-2008 全国専門学校情報教育協会. All Rights Reserved. INVITE